財産分与

 
財産分与 (ざいさんぶんよ)

財産分与請求権とは、離婚した者の一方が、相手方に対して、財産の分与を求める権利をいいます。これは、協議離婚のみならず裁判離婚の場合にも認められます。この権利の中核は、婚姻中の夫婦の協力により形成された財産の精算にありますが、慰謝料を含めて請求することもできます。また、離婚後の生計維持のための扶養的財産分与が認められる可能性もあります。そして、財産分与は、離婚時だけでなく、離婚してから2年以内であれば請求できます。