財産評価基本通達

 
財産評価基本通達 (ざいさんひょうかきほんつうたつ)

課税価格に参入される財産の価額はその財産の時価ですが、客観的な時価評価は必ずしも容易ではありません。そこで国税庁によって制定されている通達の規定により各種財産について画一的かつ詳細な評価方法を定めています。ただし、その方法によることが不合理な場合には、他の合理的な方法によって評価を行うことができるとされています。