贈与

 
贈与 (ぞうよ)

贈与とは、民法において「当事者の一方が自己の財産を、無償で相手方に与える意思表示をして、相手方が受託することによって、その効力を生ずる契約である」と定めています。意思表示とは、相手に自分の意思を伝えることです。この契約は、口約束だけでもお互いが合意していれば成立します。当事者の一方の意思表示だけでは贈与として成立しません。一般的には、契約を確実にするため並びに後のトラブルを防ぐために契約書を作成します。