遺産分割協議書

 
遺産分割協議書 (いさんぶんかつきょうぎしょ)

遺言がない場合、誰がどの財産をどれだけ相続するかを、相続人全員で話し合って決める必要があります。その際に残す協議の証拠書類のことです。この書類は相続人全員の合意内容を明確にし、後に無用なトラブルを避けるためにも作成すべきだと言えます。遺産分割協議書は特に決まった書式や形式はありませんが、相続人の住所と氏名は手書きで作成する方が信憑性があるため効率的です。また、相続人全員の署名と実印が必要であり、平等に保管しておくためにも人数分の協議書を作成しておく必要があります。