遺留分減殺請求

 
遺留分減殺請求 (いりゅうぶんげんさつせいきゅう)

遺留分を侵害された者が、贈与または遺贈を受けた者に対し、遺贈された物件の返還を請求することです。これを行使できるのは、故人の配偶者・子・直系尊属であり、兄弟姉妹はできません。また、この期限は相続開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った日から一年以内です。相手方と話合い、交渉のすえ回収することもできますが、裁判所に訴訟を提起して回収することも可能です。