遺言信託

 
遺言信託 (ゆいごんしんたく)

遺言信託とは、遺言によって信託を設定することをいいます。また、信託銀行のサービスの一つとして、遺言を書くときに遺言執行者として信託銀行を指定しておき、相続が発生したときには、遺言執行者として指定している信託銀行が、遺言に記載されている通りに財産の分割に関する手続きなどを行うというサービスを指すこともあります。