遺言書

 
遺言書 (ゆいごんしょ)

故人が、自らの財産を有効に活用してもらうために遺す意思表示を示したものです。遺言書の内容は、原則として法律で定められた相続の規定よりも優先されます。15歳以上であれば誰でも作成でき、最も新しいものが優先されるため、何度でも内容を変更することが可能です。また、遺言書を作成する際に、証人が不必要のものを自筆証書遺言書といい、一番手軽に作成することができます。その他に、自ら作成した遺言書を公証役場に持参して手続きをする秘密証書遺言書というものがあります。その内容は、亡くなるまで証人にも明かされることはありません。もう一つが、公正証書遺言書です。遺言書と公証人と証人二名で内容を確認しながらつくるものであり、法的にも強制力があり、最も安全な方法で保管することができます。