遺言

 
遺言 (ゆいごん)

故人が、自らの財産を死後に有効かつ有意義に活用してもらうために行う意思表示のことです。遺言者の死亡時からその効力を発揮し、遺産の処分に対して誰がどの財産を受け継ぐか自らの意思を反映させることができます。この遺言が存在しない場合は、民法に従って遺産を分配することになります。民法は抽象的に相続分の割合を定めているだけなので、遺産の帰属を具体的に決めるには相続人全員で遺産分割について話し合う必要があります。