遺留分

 
遺留分 (いりゅうぶん)

相続財産の一定割合について、相続人に対し必ず残しておかなければならない遺産の一部をいいます。遺言書の内容が基本的には最優先されますが、法定相続人以外の者に財産の全部を取得させてしまったなど、相続人にとってあまりにも不利益な事態を防ぐために規定された制度です。侵害された遺留分を確保するためには、自分の遺留分が侵害させていると知った日から一年以内に、遺言書により財産を相続した人に遺留分減殺請求をすることが可能です。