還付金

 
還付金 (かんぷきん)

各税法の定めに基づいて発生するもので、予定的に納付することが義務づけられている税額が後日確定額を超えることとなった場合などに還付するものを還付金といいます。たとえば、相続時精算課税制度を適用した際に納付した税額が、その後の相続税申告により確定額を超えることとなった場合に還付される金額がこれにあたります。