限定承認

 
限定承認 (げんていしょうにん)

単純承認とは、相続人が全財産を無条件に引き継ぐことをいいます。限定承認とは、相続人がプラス財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐという方法です。この方法は、マイナス財産である借入金や未払金が財産より明らかに多い場合(負債超過)や、わかっていない借金等が残っている可能性がある場合に有効です。限定承認する場合は、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に申請する必要があります。また、限定承認は相続人全員が共同して申請しなければなりません。限定承認した財産に、含み益がある場合は、被相続人にみなし譲渡があったものとして、所得税がかかります。相続人は被相続人の所得税について、準確定申告をしなければなりません。