震災特例法

 
震災特例法 (しんさいとくれいほう)

平成23年4月27日に施行された、東日本大震災の被災者等の負担の軽減等を図るための「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律」のことを言います。相続・贈与関係では、国に指定された被害地域の土地等の評価額を下げたり、住宅取得等資金の贈与に係る入居要件の緩和などがあります。