類似評価比準価額方式

 
類似評価比準価額方式 (るいじひょうかひじゅんかがくほうしき)

事業内容が類似する上場企業の株価を基にし、評価しようとする自社の1株当たりの配当金額、利益金額、純資産価額の3要素(比準要素)を比較することで株価を算定する方法です。この方法は、利益や配当を多く出している会社の株価は高くなります。比準割合の構成比が、配当1:利益3:純資産1となっているため、特に利益の高い会社の株価は高くなります。さらに、高い利益が長く続いており過去の利益が内部留保として多く蓄積されている会社は純資産価額が大きくなり、株価も高くなります(資産の含み損益は株価に影響を与えません)。一般的に、この方法を用いた場合、もうひとつの原則的評価方法である純資産価額方式を用いた場合よりも株式の評価額自体は低くなるといわれています。